無料で資料請求・お見積もり
Homeボタン
Mailボタン
フリーダイヤル 0120-039-968

sales@eastloghouse.jp

イーストログハウス EAST LOGHOUSE
フリーダイヤル 0120-039-968

WORKS
施工実績一覧

国産杉のログハウス(6畳タイプ)

掲載日:2010.08.04

【基本情報】

ログ    国産杉角ログKD材

モデル  6畳タイプ

日本の山の杉の消費量UPに貢献すべく、小さめのログハウスを国産杉で作ってみました。もちろんセルフビルドです。

(敷地の高低差解消整地をするため、基礎は業者に頼みました。)

《基礎》

羽子板付き沓石(H=300)を使用

《土台》

まずは土台を回し、ログの一段目を設置。ピタリと収まります。カットの精度が高い上、ログのソリ等が少ないので、すんなりピタリとジャストフィット!

《ログ組》

あっという間に7段目です。

《ログ組》

もう少しでログ組が終わります。

《サンダーかけ》

小口にサンダーをかけている途中です。手が震えるので休み休みです。小口がきれいになっていくので、意外と楽しい作業です。

《防湿シート》

床下に防湿シートを敷きました。地面からの湿気をシャットアウト!緩やかな風が吹いていたので、シートが踊り、施工に手間取ってしまいました・・・。ちなみに営業担当なので、手際は決して良いとは言えません。が、気合と知識でカバーです。

《余談》

真夏の空がきれいです。余談ですが壁高2250mm。壁高には非常にこだわりました。同じ6畳でも壁高が高いと、とても広く感じます。居心地の良い空間になります。

《塗料》

外壁塗装は、シッケンズ。シッケンズの裏メニュー、塗りつぶしの白です。ここで営業トーク。シッケンズの塗料どれでも2割引でご注文承ります。(送料は別途かかります。)

《外壁塗装》

毎日のように夕立に襲われるので、外壁を早めに塗装しました。白いログハウス、非常に目立ちます。

《天井板施工》

天井板を貼りました。DIYを意識して、上を向いての作業をしないで良いような施工方法を考えました。

《垂木施工》

垂木を施工しました。このあと垂木と垂木の間に断熱材を入れ、構造用合板を施工しました。屋根の断熱だけでなく、軒先と棟に換気部分をつける予定です。

《アスファルトルーフィング》

アスファルトルーフィングを施工しました。屋根仕上材の入荷予定は8月中旬。それまでは、まるで緑色の屋根、という感じ・・・。

《余談》

大活躍の電線ドラム。無料でいただいた電線ドラムですが、作業用に大活躍!!!セルフビルダーさんに超お薦めです。更に余った塗料などもありましたら、ドラムに塗ればカラフルドラムが出来上がり、塗料の余りも残しません。

《各種パーツの塗装》

仕事の合間(作業の合間に仕事?)に、破風や鼻隠等を塗装しました。爽やかな青です。破風と鼻隠を取り付けてから塗装、というのが一般的な手順です。が、取付前に塗装すると作業が楽にできるし、あちこちを養生しなくても良い、という利点があります。ただ、乾いてからでないと取付できないところが難点です。塗装してから取付する場合には、ログ組以前に塗装しておくとスムーズに組立ができることでしょう。

《破風板取付》

あらかじめ塗装しておいた破風板を取り付けました。ぐっと家の形に近づきました。

《鼻隠し》

鼻隠しを取り付けました。今まで天井板と野地板の間に断熱材が見えていましたが、やっと鼻隠しを取り付けたので、もう安心です。軒裏には工夫を凝らした軒先換気口がついています。

《アスファルトシングル》

アスファルトシングルを貼りました。屋根の上はひときわ暑い!、なんてこと言っていられないほど貼る作業に夢中になりました。アスファルトシングル1枚につき4か所釘打ちをするので、何枚かやっていると釘打ちが上達してきます。素早く釘が打てるようになりました。

《棟換気》

棟換気材のアップ。(もちろん軒先換気口も作りました。天井裏に熱気がたまらず、快適な室内になります。)

棟換気材を並べてみたところ。ここで来客があり、ひとまず中断。続きはまたあとで。

2009キャンペーンモデルアレンジ ラミ角 埼玉県加須市

掲載日:2010.02.20

【基本情報】

ログ    ラミネート角ログ 100X168

モデル  2009キャンペーンモデルアレンジ

建築地  埼玉県加須市

完成予想図

完成予想図

2010/02/20

配筋検査、合格しました。

2010/03/22

基礎が完成しました。まわりの風景に春の兆しが感じられます。4月上旬のキット到着とログ組が楽しみです。

2010/05/07

キットをコンテナから卸しました。フォークリフト3台を駆使し、オペレータさんが息を合わせて12mの長い梱包を卸しました。めったに見られない光景でした。作業に携わった皆さんは全員キットに傷一つ付けないように配慮して下さってました。

2010/05/14

ログ組から垂木掛けまで約3日間で終わりました。

2010/05/20

野地板を貼り始めました。

2010/05/28

屋根葺き完了しました。青空とログハウス、とてもすがすがしい風景です。

2010/06/20

外壁塗装が一部を残して終わりました。建具も取り付けました。

外壁塗装の塗料は《シッケンズ》。程良い光沢、非常に薄い呼吸する塗膜、ログハウスには一押しの塗料です。

2010/07/06

足場が外れました。内装を急ピッチで施工中です。

2010/08/09

無事引っ越し完了。和室がとても良い雰囲気です。

お施主様におかれましては楽しいログハウスライフを過ごされますよう、社員一同深くお祈り申し上げます。

フリープラン 無垢角 岩手県八幡平市

掲載日:2010.02.16

【基本情報】

ログ    無垢角ログ

モデル  フリープラン

建築地  岩手県八幡平市

建築地は山ぶどう農園の一角です。基礎が完成しました。

キットが入港し、コンテナからキットを卸し、現場まで小運搬。

お施主様も参加し、ログを組みました。

ログ組、棟木、垂木が完了し、全体のシルエットが見えてきました。

お施主様自ら外壁塗装をしました。渋い色合い、とても良い雰囲気です。

こちらの山ぶどう農園でとれた山ぶどうから作ったジュースの評判がとても良いそうです。

ジュースのページはこちらです。

お施主様のハーフビルドの様子はこちらです。

フリープラン 無垢角 埼玉県北本市

掲載日:2010.02.15

【基本情報】

ログ    無垢角ログ 100X168

モデル  フリープラン

建築地  埼玉県北本市

基礎が完了しました。まわりののどかな風景がログハウスにぴったり。

こちらのお宅のお施主様は大工さんです。

お施主様は大工さん イコール セルフビルド。というわけで大工さんがご自宅をログハウスでセルフビルド中の写真です。

屋根に野地板がかかると、ぐっと家らしく見えます。

L字型の広いデッキが贅沢です。既に生活しながら細かい部分を仕上げたそうです。

背面はこんな感じです。

赤い屋根はめったにありませんが、赤い屋根もなかなかいい感じです。

栃木県日光市 ミニプラン展示ルーム シルバーパイン(ケロログ)

掲載日:2010.01.11

日光シルバーパインモデルルーム進捗情報

下に長いページです。下にどんどんスクロールしてご覧ください。’09/9/18から’09/11/08までの様子がご覧になれます。(企画段階からログ壁完成までの様子です)

2009/08/07

シルバーパインの丸太小屋のモデルルームの建築準備中です。

フィンランドで実際にサウナルームとして使われているタイプです。

場所 :  栃木県日光市瀬尾地内

入港予定 : 2009年10月下旬

基礎着工予定 : 2009年10月上旬~中旬

お問い合わせ : 0120-039-698 / East Loghouse INF.

2009/09/18

シルバーパインの丸太小屋のモデルルームの仮組の写真がフィンランドから届きました。

この小さくて哀愁の漂う丸太小屋をセルフビルドで建築する予定です。ご見学ご希望の方は是非お電話下さい。

基 礎に使用する枕木を知人から破格で譲っていただいて運びました。知人のところは、とても景色が良い場所です。既に紅葉が始まっていました。来週は基礎作り を始めます。きっと枕木の基礎は、シルバーパインの趣に合うと想像していますが・・・。答えは来月中旬になりそうです。

2009/10/20

基 礎が完成しました。後はキットの到着を待つだけです。キットの入港予定は10/29。その後通関が通ったら晴れて現場に運び込むことができます。みんなで ワイワイセルフビルドをするのが今からとても楽しみです。ハンドカットのセルフビルドは、滅多に体験できることではありませんので、なおさらです。

2009/11/04

シ ルバーパインのキットが現場に納品される日が決まりました。11/7(土)です。11/7から組立開始です。ご見学のご依頼は 0120-039-698 (24時間受付中 / 携帯からの通話可能) まで。メールの場合は info@eastloghouse.jp まで。お気軽にご連絡下さい。

2009/11/08

社員総出で、日光モデルルームをセルフビルド。1段目の位置出しに多少時間がかかりましたが、そのあとはサクサク進みました。チームワークの賜物?!

現場入口が狭いため4t車と同じサイズで6tまで乗せることができる6tユニックをチャーターしました。日光市では信頼の厚い運送屋さんの6tユニックです。東京からの帰荷で通常よりも安価に運んでもらいました。そういう相談に乗って下さる親切な運送屋さんなのです。

すべて卸した様子です。

荷札が実にフィンランドの雰囲気。そしてなぜが英語を縦書き・・・。しかもケロログのスライス。得体の知れない魅力があふれる荷札。ぎこちない文字のせい?

1段目の位置決めです。四隅を直角に交差させるために、妥協をかなぐり捨てて、緻密に作業することに余念のない監督二人。息の合ったプレーです。営業担当はカメラマンに専念です。

無事に1段目がすべて直角に交わりました。基礎の上に偏りなく乗っています。さすが、監督!!!

3段目まで積みました。ノッヂの出がランダムで、非常に味があります。

すいすいと6段目まで行きましたが、この上からは重くて積み上げるのがちょっと大変でした。でも、みんなで息を合わせて持ち上げて、最後まで人力で積み上げました。

もうすぐ完成です。社長が感無量でダボを打っています。頭とカケヤだけが見えます。

とうとうログ壁が完成しました。日光の紅葉とケロログのシルバーパインがお互いに引き立て合っています。

仲間と一緒にセルフビルドは楽しい!

この小さなケロログに、是非遊びにお越し下さい。0120-039-698にお電話いただければご案内致します。

最寄りの駅      東武日光線 下今市駅

最寄りのインター  日光道 今市インター

2010/01/14

シーダーシェイクの屋根を葺きました。今は、新品なので、若干の違和感がなきにしもあらずですが、2~3年経つとシルバーパイン(ケロログ)にマッチした屋根になることでしょう。

1 2 3 4